スムースビップの使い方は?バッテリーの充電・リキッドの補充&交換・電源の入れ方

MENU

スムースビップの成分は本当に害はないの?

スムースビップは、有害物質を含まないタバコとして安全といわれています。
禁煙を考えている方や、健康に関心のある方には興味深いところですよね。

 

でも、実際のところはどうなのでしょう。

 

一般的なタバコの成分と、スムースビップの成分とを調べて比べてみます。

 

 

●一般的なタバコの成分
普段タバコの成分にはどんなものがあるのでしょう。
知っている方も多いと思いますが、改めて調べてみます。

 

・ニコチン
血管を収縮し血圧を高めるニコチン。
それ以上に、依存症を招いてしまいます。

 

・タール
発がん性物質を多く含んでいて、厚生労働省が放射線やアスベストと同様に、「確実にがんを引き起こす」というレベルの「グループ1」に判定しています。

 

一般的なタバコの成分を調べてみて、やっぱりタバコにメリットはないなと感じてしまいます。
この成分は吸うだけでなく、周りにいる人にも影響を与えてしまいます。

 

 

●スムースビップの成分
スムースビップの成分はどうでしょう。
リキッドの成分を調べてみました。

 

・植物性グリセリン
保湿剤として化粧品などに使用されています。

 

・プロピレングリコール
保湿剤・乳化剤などとして、医薬品、化粧品、食品に使用されています。
ただ、加熱される過程で発がん性物質に変化してしまいます。

 

一般的なタバコと比べると、体に害のある成分は圧倒的に少ないといえるようですね。
これ以外に、香料も健康に配慮したものを使用しているようです。

 

 

 

成分を調べてみましたが、スムースビップに限らず電子タバコの研究は始まったばかりのようです。
有害物質の多い今までのタバコよりは、害が少ないため「禁煙するための手段」「健康に関心はあってもタバコをやめられない方」などにはいいかもしれません。

 

スムースビップとビタフルの違いは何か比較してみました。

禁煙者が増えてきている一方で、喫煙者の方は徐々に肩身の狭い環境になってきていますよね。
そんな中、電子タバコや加熱式タバコなど様々な商品が発売されています。

 

きっと、気になっている方もいるはずです。

 

今回、電子タバコの「スムースビップ」と「ビタフル」を比較していきたいと思います。

 

 

●共通の特徴
ビタフルと、スムースビップの共通点をみていきたいと思います。

 

・ニコチン・タールが0
・有害物質が発生しない
・充電式
・コストがかからない

 

 

●ビタフルの特徴と価格はどうなの?
ビタフルは、カートリッジ交換タイプなので、面倒なメンテナンスが少ないことが特徴です。
では、金額的にはどうでしょう?

 

・スターターキット・・・¥1,598(税込)
・カートリッジ(1箱5本入)・・・¥1,598(税込)

 

スターターキットには、カートリッジが2本ついてきます。

 

このカートリッジは、4種類のフレーバーがあり、1本で、通常のタバコの約2箱分です。
スターターキットを購入すると、通常のタバコを1日1箱吸う方の計算でいくと、約4日分ということになります。

 

吸う回数が多いとすぐに交換・・・なんてこともありそうです。

 

 

●スムースビップの特徴と価格はどうなの?
スムースビップはどうでしょう。
こちらは、アトマイザーにリキッドを入れて使用します。

 

・スターターキット・・・¥2,950(税込)
・リキッド(1本)・・・¥918(税込み)

 

スターターキットには、リキッドが「メンソール」と「お好みのものを1種類」選べ、合わせて2本ついてきます。

 

金額的には、ビタフルより高めでリキッド1本の金額もも高いと感じるかもしれません。
でも、このリキッドは1本で約1ヶ月間吸引できます。
スターターキットを購入すると約2カ月は使用できるので、かなりのコスパになりそうです。

 

 

ビタフルは、吸引する回数が多い方には少々コストが、かかってしまうことがわかります。
初期費用が高くても、長い目でみたときの費用などを考えると、スムースビップのほうが、身体にもお財布にも優しいのではないでしょうか。